地球環境に優しく、利便性と経済性を兼ね備えた超小型電気自動車

e-moはさまざまな場所で活躍しています!

2019年の発売から個人ユーザーをはじめとして大学・企業へ導入いただいております。

西播磨MaaS実装プロジェクト!!!始動

e-moを採用いただき 関西電力様・ダイヘン様のご協力のもと
「非接触型充電システム」へ対応した車輛を作成し運用されております。

名古屋大学未来社会創造機構モビリティ社会研究所

e-moの可能性を探ってくださっています!

https://www.trans.civil.nagoya-u.ac.jp/

全国のユーザーのもと日常生活を共にしています。

福島県・埼玉県・神奈川県・大阪府・岐阜県・京都府・兵庫県・広島県・福岡県・鹿児島県

津山市超小型モビリティ導入実証事業

地元津山市へ導入し公務に活用いただいております。

かつては県北の雄都と呼ばれていた[2]。県北の美作地方および津山都市圏の中心都市であり、同時に人口面と経済面における県北最大の都市。また、中国山地の中心都市でもある。越前松平家10万石津山藩の城下町から発達した都市で、市街地は旧苫田郡に含まれる。市全体では、苫田郡・久米郡・勝田郡の3郡に跨る。津山は古代律令時代より美作国の中心地で、山地の多い美作において平野面積が大きな津山盆地に位置することから、古くよりもっとも開け、出雲街道の宿駅なども置かれていた。一宮の門前には市が立ち戸川宿が成立する。戦国時代後半には、森蘭丸の弟の森忠政が18万6500石を拝領し戸川に入封。中世に山名氏が築城した鶴山城跡地に築城し、新たに城下町を築いた。同時に、鶴山を津山へと改称。森家断絶後は、越前松平家が10万石で入封する。

現在はシンボルキャラクター・活波鶴丸・さくら姫、環境ヒーロー・津山太助となかまたち等のご当地キャラがいる。ご当地グルメとして、津山ホルモンうどん、津山バーガー、津山ロール、津山餃子などが知られる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

販売代理店

【正規販売代理店】 大分県 株式会社リブサルは"e-mo"正規販売代理店です。

【販売協力店】

福岡県 有限会社K                   094-275-6361

長野県 田中機械株式会社 0120-413-883

広島県 有限会社コーシンオート望 0847-85-4114

岡山県 双葉車輛株式会社    086-279-7979

京都府 株式会社RSイノウエ   075-861-5100

新潟県 car life studio ConSense  0256-55-5133

愛知県 株式会社NET-560     0568-62-5400

鹿児島県 野田モータース(大島郡) 0997-97-3926

【超小型電気自動車 e-moの「販売代理店」及び「販売協力店」募集中!!】

ご興味のある方(企業、個人事業主)はこちらからお問合せください